たるみ | 脂肪吸引でパリコレモデルもびっくりのスタイルに

たるみ

老け顔を解消するには

加齢とともに肌が衰えてくると老け顔になってしまうのが悩みです。老け顔に見える原因は、しみやしわ、たるみなどが挙げられます。肌が乾燥することで、肌の弾力やハリが失われそのような症状が起こります。保湿をしっかり行ったり、表情筋を鍛えることで悩みの改善につながります。 加齢とともに目の下のたるみが気になる人も多いです。目の下のたるみは、多くの場合、脂肪が突出することによってたるんでいるように見えてしまうことによって起こっています。 最近美容業界では、短時間、低価格で行うことができるプチ整形が人気です。メスを使用しないというメリットや、ダウンタイムが少なくすぐに日常生活に戻れるという点も人気の理由となっています。

目の下のたるみを改善するには

目の下のたるみを改善するために、目の下を切らないプチ整形が人気です。従来は下まぶたのすぐ下を切開する手術が主流でしたが、まぶたの裏側から手術する脱脂術が人気です。傷口が目立たないことから、切らない手術法として注目されています。 脱脂術は、余分な脂肪を取り除くことで目の下のたるみやくまを解消し、すっきりとした目元をつくることができます。切る手術に抵抗がある人にも、安心して利用できる施術方法です。 また、目元はたるみとともに、くぼみが老け顔に見える原因になっていることがあります。くぼみに対しては脂肪注入、ヒアルロン酸注入が人気です。皮膚を持ち上げることでしわのないぷっくりとした肌をつくることができます。こちらも注射で行うため、切る必要のない手術方法です。

ページのトップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加